上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回のテーマは
「水」


夏場って
たくさん汗をかくので、
喉の乾きを潤すために、
水分補給への意識は
自然と高まります!!



しかし
夏に比べて、冬はどうしても
水分を摂る機会は
減ってしまいのではないでしょうか?



また
冬は空気も乾燥しやすいので、
体内の水分は思っている以上に
失われてしまいます(゜o゜)



そんな体内の
水分が不足すると、
疲れやすくなったり
便秘になったりするなど、
体への悪影響が出てきやすいんです。



今回は、
冬の間もしっかり水分を補給して、
元気に過ごすためのポイントを
ご紹介します(^◇^)






水分不足で疲労が起こるの?と疑問に思われた方も
おられるのではないかと
思います



では説明していきますね~!(^^)!



水分が不足すると脱水症状に陥り、
体内でのナトリウムやカリウムのバランスが崩れ
意識がボーっとしたりめまいを起こします。



また不安や緊張をしていると
交感神経が活発になり
汗が出てきたりして、
目の前のコップに入った水を
ついつい飲んでしまいますよね?



これは
身体が水分不足を補おうとする
自然な反応だと考えられます。



では
十分な水分を摂らなければ
どうなるのでしょうか?



はい!!!



水分量が少なすぎると
さまざまな問題を引き起こします




水分というのは
体内の消化を助け、肌を健康的に保ち、
満腹感を与え、食べすぎを防いでくれます。




腎臓を良好な状態(毒物を排出してくれます)に保ち
日々の活動を助けてくれます(=^・^=)



つまり
水分が足りないと、
これらの恩恵を受けられません。



逆に水不足では毒素が排出されにくく
疲労感が増します




では正しい水分の摂り方を
勉強しましょう(^○^)



寒い冬の間は、
冷え切った体を温めるために、
暖かいコーヒーやお茶を飲む機会が
増えると思います。



したがって、
十分に水分補給ができていると
考えるかもしれません。



しかし、実際はその反対で、
コーヒーやお茶、紅茶に含まれる
カフェインの利尿作用によって、
水分を余計に
体外に排出してしまっている
のです。



カフェイン多い順から
玉露>コーヒー>ココア
>紅茶・ほうじ茶>ウーロン茶>番茶・玄米茶
となります



上記のような感じで
カフェインが含まれています。



ちなみ
麦茶や甜茶、杜仲茶・ハーブティなどには
カフェインは含まれていません



このように
カフェインの利用作用によって
体内の水分がドンドンと排出され
てしまい
夏場は特に脱水を行う場合もあるようです。



そのため
お茶だけではなく
をたくさん飲むこと 



お茶がだめとなると、
ジュースはどうでしょうか?



これは、
砂糖を大量に入れた清涼飲料水を
いつも飲んでいる人は、
わけもなくイライラしたり、
突然さびしくなったり、
不安になったり、
ひとつのことに集中できなかったりして
悩んでいる方が多いといわれている。



また
日常的に甘いジュースを飲んでいると、
つねに血糖値が充分にあるので、
栄養が不足しているにもかかわらず
空腹を感じない
こともあるようです。



結果、
健康的な食事の量はどんどん減り、
それに反比例してお菓子やジュースが
どんどん増える。



悪循環ですね~~~(+o+)



それでは、どのような水を飲むのがよいのか。



水の種類と効果について・・・


市場には
いろいろな種類の水が
数多く出回っています。



それぞれの水に、
特長や効果の違いがありますので、
自分の目的に合ったものを
選ぶようにしましょう★



自分の目的に合った水を
上手に選べば、
水から得られる効果も
よりアップするかもしれません。


(1)便秘解消には「硬水」

水には「」と「軟水」という
2種類に分けることができます。



硬水と軟水は、
水の持つ「硬度」によって決まります。



一般的に硬度が100以上の水が
硬水とされ、水に含まれる
カルシウムやマグネシウムといった
ミネラル類の量が、
軟水に比べて豊富
に含まれています。



水分をしっかり摂ることは
便秘に良いと言われますが、
硬水に多く含まれるマグネシウムは、
腸により多くの水分を
集める働き
をしてくれるのです。



(2)「海洋深層水」や「バナジウム水」の効果とは?

海洋深層水とは
深さ200メートル以上の深海から
汲み上げられた水のことで、
カルシウム、マグネシウム、カリウム
といったミネラル類を
豊富に含んでいます




このようなミネラルには、
血圧を下げたり、
血液中の脂質上昇を抑えたりする
働きがあります




また、
バナジウム水は血糖値を下げる
インスリンと同じ働きをするとして
注目されている「バナジウム」を
含んだミネラルウォーターです




しかしながら、
まだはっきりとした
研究結果が出ておらず、
効果のほどは未知数のようです。



身体の状態や体調に
合わせた水の飲み方をすることが大事




また適量のアルコールでは
心身をリラックスさせ、
末梢血管を拡張させるので、
血流が良くなり体を温めますが、
飲み過ぎると
アルコールによる利尿作用で
血液は濃縮されて、
血管内は脱水状態
になって
めぐりも悪くなるので、
お酒はほどほどを心がけましょう。



アルコール、特にビールにも
利尿作用があるので、注意が必要



「大人はビールでしょ!!!」と
晩酌や飲み会でビールを飲んでも、
逆に体内の水分を
排出してしまいます。


さらに、
飲酒中に水分補給を怠ると、
翌朝の二日酔いの時期には、
体は脱水になります。



このように
水というのは素晴らしい飲み物
なんです(^◇^)



私は今までを完全にあまく考えていました(--〆)



おばぁちゃん子だから昔から緑茶が好きです★



だから最近まで
わざわざ、お金を出して水を飲むなんて・・・
と思っていましたが、
色々と勉強していく中で
水の重要性をすることになった私なのです((+_+))




おしまい

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://habista.blog.fc2.com/tb.php/31-e6356999
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。