上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回はアノーキンの機能環について
説明をしました



前回の内容はコチラ → 機能環について ~身体と環境の相互作用~


どうですか?



運動の捉え方が少し変わりましたか?



まだあの説明だけでは
どうやって
トレーニングすれば良いのか
そして
どのように指導すれば良いのか
わかりにくいかもしれません



ですので
今回は前回の内容を
より臨床感を交えて
ご紹介出来ればと思います
(^○^)








通常リハビリでは
身体を鍛えることが
主な目的となっています



ですので、
みなさん努力されながら
歩く練習であったり
腕を伸ばす練習
起き上がる練習など
されておられると思います



ではこれらの動作練習の中で
機能環をどのように活かして
分析していくのか?



まずはセラピストであれば
自分で体験をしてみることが
大切になります。



身体が不自由な方の場合は
想像するか、または他者に
動作を行ってもらい
どのようなことを感じなければ
いけないのかを
考えてみたり
アドバイスをもらったり
してみてください(^○^)



意外と普段気にしていないので
スムーズに出てこないかも
しれませんね ´д` ;



ではまず今回は
座ってコップに手を伸ばす時に
必要な感じておくべき
ポイントを確認してみましょう


そのポイントが
機能環の右側にある「情報」
部分になります
図1-6



コップに手を伸ばす動作は
肩、肘、手首、指先の
動きが必要になってきます。


まずコップのある方向に
腕を伸ばしていきます
図12



それを方向づけしているのが
の役割です。


ですので、
機能環情報の部分は
肩の感覚
運動方向(運動覚)や
位置を定める(位置覚)

必要になります


身体が不自由な方の場合
リーチする際に
身体を傾けてリーチしたり
肩が怒り肩になったり
首に力が入ったりしながら
リーチしていませんか?
図10
図13



それらは
肩で感じるべき感覚が
感じられていない結果
異常な運動に繋がっている、
つまり評価としては
肩でコップに対する
運動方向や位置を定めたり
することが出来ていないと
仮説を立てることが
出来ます。


でははどのような
役割があるのでしょうか?


肘という関節は
曲げたり伸ばしたり
出来ますよね(^O^)



そうなんです。



肘の役割としては
曲げ伸ばしすることで
コップと手の距離を
調節する役割があるのです。



どうですか?



麻痺しておられる方の
リーチ動作を分析すると
肘が伸びないため
身体を前に傾けたり
身体を捻じったりしながら
コップまで手を伸ばそうと
されておられませんか?
IMG_5092.jpg
IMG_5378.jpg



そのような方に対して
肘を曲げ伸ばしして
どの程度曲がっているか問うと
良い方と比べ差が出て
しまいます。



つまり、肘がどの程度
曲がったり伸びたりしている
ことが感じられていない
ということになります。



そのため肘の情報ではなく
他の部位を利用しながら
リーチしてしまうことに
なってしまいます。



このように
各関節にはそれぞれの
役割があり
それらを感じられることで
様々な動作で
滑らかに動くことが
出来るのです!!
図2-8



しかし、怪我や病気など
何らかの原因で身体に
異常が生じた場合に
今まで感じていたはずの感覚も
ズレが生じてしまいます



そして脳は
正しい情報ではなく
誤った情報を元に
筋肉へ指令を出していまい
動作も異常を呈してしまいます
図1-8



では
どのようなことを
気をつけながらリハビリを
していけば良いのか?



麻痺していない側の
身体を利用したり、
他者に動きを再現してもらい
どのような感じ方を
他者は感じているのかを
考えてみましょう!



ここで感じてもらいたいのは
体性感覚情報です(^○^)



体性感覚情報?



簡単に言えば
筋肉が伸びいく感覚や
張る感覚も
また縮む感覚や
詰まってくる感覚など



そのような感覚を感じることは
よりご自身の身体に耳を傾けて
感覚を研ぎ澄ますことが
大切になってきます。



セラピストの方も
身体が不自由な方に対して
感覚を覚えさせる練習ではなく
一緒に考えていくスタンスで
変質した感覚情報を
修正して、動作へ
繋げてみましょう?



これは決して簡単では
ありませんし、
不慣れなら相手に
ストレスを与えることも
あります(´・_・`)



まずは
仲間とやり合いながら
感覚の表現などの
引き出しを増やした中で
実践されることを
お勧めします(^∇^)

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://habista.blog.fc2.com/tb.php/47-c460c76a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。