上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私はこの前、
「STAND BY ME ドラえもん」を
鑑賞してきました(*^_^*)


いつになっても大好きなドラえもん


そんなドラえもんとのび太の関係・・・


素敵ですが、リハビリの視点でも見ることが出来ます!!


「ドラえもんと最近接領域」です(^○^)








最近接領域とは、
ある課題に対して
一人で到達できる段階と
他者の援助によって到達できる段階の
間の領域のこと
を指します。


つまり、
セラピストが身体が不自由な方に援助しすぎたり、
逆に身体が不自由な方へ
あまり指導をせずに転倒などをしてでも、
そこから自分で学んでもらうということではなく、
治療を展開していく中でお互いが
学習していける領域が
リハビリ(運動学習)の中で大切なことなのです。

学習のための難易度と表現しても良いかと思います。



このような難易度というのは、
通常のリハビリにおける動作や行為練習においても
ある程度考えられていると思います。


例えば、
正常発達の段階に応じて動作指導を行ったり、
動作時の重心を低くしたり、
支持基底面を広げたり、
杖や歩行器などの補助具を利用したりしています。


またセラピストのハンドリングなどでも
介助方法や介助する場所を変更していくことで
難易度を調整していると思います。


さらにスポーツ界ではコーチングと呼ばれ
選手のサポートを行っていくようです。

【※コーチング※】
コーチングとは、「人は無限の可能性をもっている」
「その人が必要とする答えはその人の中にある」
「その答えに気付くためにはサポートが必要である」の
3つを基本とする。
人には達成したいと思う気持ちや目標があり、
その目標を、自ら決めた方法で
積極的に素早く達成することができるように、
個人的な特性と強みを活かし、
その人が本来もっている能力と可能性を
最大限に発揮することを目的としています。
その中で自ら考えさせ、行動を促すために、
相手の取るべき手段を引き出す
コミュニケーションサポートのことをいいます。




さらに高校野球を観ていると、
名門高校というものがあります。


これはどうしていつも強豪なのでしょうか?
よい選手が集まってくるということも
一理あると思います。


しかし、指導者という点ではどうでしょうか?
やはり、ここにも選手をしっかりと評価して、
上手く特徴を活かしながら育成できているからこそ、
強豪校につながるのかもしれません。


そして、そして!!!
アニメ「ドラえもん」に登場する、
のび太はどうでしょうか?


いつも困ったらドラえもんに道具を出してもらい、
問題を解決しようとしてしまっています。
図1-17


これでは最近接領域での学習はできておらず、
ピンチになったらドラえもんとに頼るというような
流れになっています(-_-;)


ドラえもんのようにリハビリ中は
セラピストに助けを求めることは可能ですが
身体が不自由になった方が
お一人で日常生活を過ごされていると
ピンチになることなんて
山ほどありますよね?


こんなときに
ドラえもんがいれば解決するかもしれませんが
現実は難しいですね。


そのためには
リハビリの時間を通じて
日常生活に活かしていくための
学習をしていく必要があります★


つまり、臨床で考えれば
治療が簡単すぎてもダメであり、
難しすぎてもダメだということになります。
またそれらが
日常生活に繋がるための
治療でなければ日常生活で
活かすことも難しくなります(+o+)


運動機能の改善を認めないとか
練習したことが日常生活で
活かしきれないいうことは、
お互いが治療を共有した中での学習が図られておらず、
その援助の方法を再考する必要があると解釈されます。


しかし、治療が上手く展開できないから
課題の設定を低くするということではなく、
身体が不自由な方の能力を評価して、
設定課題を見つけていくのが
セラピストの役割となります。


そのため、逆に課題設定を高くして、
身体が不自由な方の発言や表情、
身体機能の反応を観察して訓練を
展開していく方法もあります。


そのために言語指示の与え方や
訓練肢位の選択、
訓練の段階づけを行っていき、
最近接領域での訓練を展開していくことが
大切となります。
また脳科学の視点も含めながらの
臨床展開が重要ですね。




まとめると・・・




いつまでもセラピスト(ドラえもん)に頼っていると
一人で生活した際に
とても困ってしまいますし
なかなかお一人で実践できずに
いつまでもリハビリを受けることに繋がってしまいます。


治療中いかにセラピストから
日常生活を一人で過ごすための
コツを教えてもらうかがポイントになるのかも
しれませんね☆彡





もし色んな問題で
リハビリを受けられない方は
私どもが発信しています
メールマガジンを参考にされてみては
いかがでしょうか?


毎週月曜・木曜・土曜日の
20:00

「動きのコツ」という
メールマガジンを発信しております。


当然無料ですので
お気軽に登録してみてくださいね★


こちらへ・・・
「動きのコツ」メルマガ登録


そして「動きのコツ」ブログは
コチラ → 脳梗塞・ 脳出血 後遺症のリハビリ「動きのコツ」

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://habista.blog.fc2.com/tb.php/48-edb407ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。