上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


回復期リハビリテーション病棟では
機能改善に合わせて
必要な方には装具処方が行われます


最近では様々な種類の装具が
臨床現場でも登場します


その中でも底屈制動機能の備わった装具が
各社で登場しています


今回は、底屈制動付き装具について
まとめたいと思います






底屈制動の機能が備わった短下肢装具を
使用する場合に
踵接地が行えており
足の随意性としても底屈が行えている方が
一般的に使用されています


中には、足の随意性は乏しいが
今後機能回復が見込めるだろうと考えられて
早期から底屈制動機能の備わった
短下肢装具を使用される方もおられます


ここで私的なポイントですが
足の随意性の評価も重要ですが
膝関節伸展筋力と股関節伸展筋力も
非常に重要となってくると考えます


正常歩行では下の図のような形で
歩行周期がそれぞれあり
それぞれで下肢の関節機能を担っています

立脚期のベクトル


足が地面に接地した時には
体重の60%もの衝撃がそれぞれの関節の機能で
緩衝されています


正常歩行では身体の重心が前方へ
スムーズに移動されるのですが

正常歩行


片麻痺を呈された方は
身体の重心が円滑に前方へ
移動させることが難しく腰が退けてしまい
下の絵のような姿勢になることも多く認めます

異常歩行


ここで問題になるのが
底屈制動付きの短下肢装具です


正常であれば
踵が床に着いた際に
前脛骨筋の遠心性収縮によってブレーキをかけながら
装具の靴べら部分に体重がかかり
底屈制動機能が発揮されます

衝撃吸収

底屈制動 正常

しかし片麻痺患者さんで
股関節や膝関節の筋活動が十分に
得られていない症例がこの装具を使用すると
靴べらの方が底屈方向に動くのではなく
下腿部分が後方に退けるように体重がかかり
結果的に足関節の底屈を生じさせてしまうことになります

底屈制動 異常
異常歩行

つまり、踵接地で下肢筋が支持するだけの
活動が得られていない、またそれぞれの関節機能が
十分に発揮されていない状況下で使用したり
セラピストの指導がない状況下で一人で歩く練習を反復して
繰り返されると
底屈制動の機能があるが故に
反張膝をどんどんと作ってしまうことになりかねないのです!!!
片麻痺歩行


そのために、底屈制動付き短下肢装具を検討する場合は
本当に底屈制動が使用できるのか、代償的な歩容となってしまし
反張膝を呈した歩行になってしまわないかを評価しなければいけません


短下肢装具はずっと同じものを使用することはないのです!!

状況に合わせて適宜設定を変更したり
フィッティングを合わせたり
装具を柔軟に使用していかなければ
理想とする歩容へも近づかないと私は思います


今一度、目の前におられる方の装具は適切なのかを
仲間と話し合ってみるとよいかもしれません





関西発 回復期リハセラピスト social reha blog 「HABISTA」
理学療法士 西川和宏

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://habista.blog.fc2.com/tb.php/81-566ad8a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。