上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前回は機能を維持していくために
どのように工夫すればよいのかということを
ご紹介させていただきました。
前回の内容はコチラ


前回は
自分の身体を感じる」ことの
大切さをご紹介しました。


身体が不自由な方もですが、セラピストにおいても
非常に重要な視点だと考えています。


そこで今回は、前回に続く第二弾として
ポイントその2をご紹介させていただきます。


今回のポイントは「学習」です☆








まず確認ですが、
リハビリテーションというのは
セラピストが治療を行うということだけでは
ないんです!!!


セラピストと身体が不自由な方が共に学習をしつつ、
治療を組み立てていくことが必要に
なってきます!(^^)!


つまり、セラピストにとっての学習とは
身体が不自由な方がリハビリ室以外でも
機能が維持・向上できるようにするためには
どのような治療を展開していけばよいのかを
考える必要があります。


そのためには、身体が不自由な方が
自分の身体の変化を感じる」ために
どのような課題を与える必要があるのかを
考えていくことが大切となります。
そして、身体を感じるだけでは
日常生活に活かされないので
身体で感じるためのコツを伝えて
あげる必要があります(^v^)
詳しくは今後UPしていきます★


また身体が不自由な方にとっての学習とは
セラピストに治療をしてもらうと考えるのではなく
治療の中で自分の身体の変化に耳を傾けて
ご自身の身体と対話をしてみてください!!!


ではここで、前回の内容で例に挙げて歩き方について
学習」という点から考えてみましょう~


私たちが普段歩いている道も
慣れているからスムーズに歩くことができています


しかし
歩き慣れていない、または暗闇で地面が見づらい場合
私たちはどのようにして歩いていますか?


普段通りには歩かないはずです。
なぜなら、地面がどのようになっているのかを
感じられず不安だからです


そうなると、身体をかがめたり、ゆっくり歩いたりと
身体を変化させながら歩きますよね?


これも「学習」なんです!


つまり
身体をかがめるというのは重心を低くすることで
安定感が増したり、
ゆっくり歩くことで足の裏に伝わる感覚を研ぎ澄まし
その感覚の変化に応じて体重のかけ方を変化させたり
しているんです!!


これらは、
私たちは過去の経験で学習してきたことを利用しながら
日頃のちょっとした変化でも
脳の中で過去に学習内容を思い出しながら臨機応変に
歩き方を変えるなど自分の身体を変化させることが
出来るんです。


ですから、リハビリテーションにおいても
身体が不自由になったから
セラピストに治療を!と考えるのではなく、
ご自身の身体に耳を傾けながら、
ご自身の身体の変化を感じつつ
少しずつでも明日に繋がる学習を図っていくことが
リハビリテーションの目的でもあると思います。


そのように考えると
きっと今までの治療時間よりも
さらに意味のある治療時間に繋がってくると思います!


これからは
もし治療中に、ご自身の身体に何らかの変化が生じた場合
是非ともセラピストに伝えてあげてください☆


そのちょっとした一言でセラピストは
また治療の展開を変更することになると思います。


セラピストは身体が不自由な方が発した言葉に
耳を傾けながら、何を意図しているのかということを
仮説立てて、治療展開を再考していく必要があります!


ちょっとした一言を発すると
もっと聞かせてください!」と
目をギラギラさせるセラピストもいれば
そうですか~」と
あっさりと流してしまうセラピストも
いるかもしれません


でも必ずその一言には
重要な意味があると私は感じています。


無言で治療を展開していることは
お互いの学習にも繋がらないと思います


治療での対話は恋愛と同じ!?
無言では相手のことも良く理解できないですね?


明日に繋がる扉を開けるためには
今日のリハビリでお互いがどのようなことを
共有してどのようなことを学習し合えたかを
いえるぐらいがベストですね☆


色々な理由で、「お互い」という点が難しくても
セラピストは身体が不自由な方に対して
是非明日に繋がる今日のポイントを整理する時間を
リハビリで設けてあげたり
資料として提示してあげるのも一つの手段だと
思います!!


具体策については
今後少しずつUPしていたいと思います(^◇^)


リハビリテーションは
お互いで作り上げていくものだと感じています!

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://habista.blog.fc2.com/tb.php/9-22fcde8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。